BUSINESS

業務の流れ

年金事務部

年金事務部の概要

年金事務部は、三菱UFJ信託銀行が企業のお客さまからお預かりしている企業年金制度の管理および運営をバックオフィスとして支えています。
年金事務部が行う業務は、委託者(自社の年金を三菱UFJ信託銀行に委託している企業のお客さま)との契約管理、加入者(企業にお勤めで年金の掛け金を支払っている方)の管理、受給者(企業を退職されて年金資金を受け取る方)の管理およびお支払いの3つに大きく分けられます。年金は多くの方の老後の暮らしに欠かせない大切なお金です。そう考えると、年金事務部は社会インフラの一部を背負っていると言えます。

年金事務においては、税制をはじめとする法令の知識、運用商品の知識、各業務システムの知識、専門用語など、特有の専門知識が数多く必要とされます。また、企業年金制度の委託者、加入者、受給者、三菱UFJ信託銀行を含む社内の他部署など、やりとりを行う関係者も多いため、相手の立場を理解したうえで、専門家として対応する高度なコミュニケーションスキルも求められます。

業務スキルの習得には時間がかかりますが、業務を通して専門家として成長し、信頼されるようになると、大きな喜びを感じることができます。専門家としてわかりやすくお答えしたり、融通の利いた対応を迅速に行ったりすることにより、お褒めやお礼の言葉をいただくこともよくあります。社会的な意義を感じながら、個人としても充実感が持てる仕事です。

年金事務部の各課の役割

年金事務第3課

受給者の方に年金(定期的に分割で受け取る場合)あるいは一時金(一括で受け取る場合)をお支払いすることが主な業務です。その他、加入者の管理、委託者の年金資金の出入りの管理も行います。委託者や受給者の方からの問い合わせにも対応します。

年金事務第4課

契約書の作成および管理が主な業務です。諸届諸変更の対応、委託者向けIDの発行および保管等も行います。

年金事務第5課

受給者の方に年金あるいは一時金をお支払いすることが主な業務です。委託者からの通知に基づいてデータを登録、送金前には各受給者の方に通知を行ったうえで支払いを行います。委託者や受給者の方からの問い合わせにも対応します。

年金事務第6課

加入者の管理が主な業務です。委託者からの通知に基づいて、加入者情報を登録および管理します。そのデータをもとに毎月の掛け金を計算し、その結果を委託者に報告します。委託者からの問い合わせにも対応します。

ページトップへ