BUSINESSINTRODUCTION

仕事紹介

職域事務部

お客様企業の財形貯蓄を支える
堅確な事務手続きで制度を守る

職域事務部職域事務課

1997年入社

※所属は取材当時のものです。

Q所属している部署の業務を
教えてください。
職域事務部職域事務課は、三菱UFJ信託銀行が企業のお客様からお預かりしている財形貯蓄の事務を担っています。財形貯蓄とは、企業が従業員に対して設けている福利厚生制度の一つです。企業は従業員の給与から天引きして、銀行、信託銀行、生命保険会社などの財形貯蓄取扱機関に積立を行っています。三菱UFJ信託銀行は約7000社の財形貯蓄を扱っています。その事務を集約的に行う職域事務課は財形処理グループ、財形管理グループ、システム商品グループに分かれています。財形処理グループは加入者の管理、財形管理グループは財形の制度管理が主な業務です。システム商品グループは、やや特殊な第二財形や互助年金という商品に関わる事務を担当しています。さまざまな制度があり、非常に専門性の高い仕事です。
Qご自身のお仕事とやりがいについて教えてください。
私は財形管理グループに所属して財形処理グループの手続きが円滑に進むように、財形の新設、変更、廃止などの制度管理を行なっています。制度管理にあたっては、企業側の要望や営業担当者の意向を聞きながら、起こりうるあらゆる事態を想定して、事務処理の方針や一連の手続きを決めていかなければなりません。関係部署と調整しながら、落としどころを見つけるのは非常に難しいのですが、知識と経験をもとにそれらをうまくまとめ、関係者全員の満足が得られると、大きな達成感と安堵感を覚えます。また、全体に目を配り、必要に応じて担当者に声かけを行ってスムーズに業務が行えるようにサポートもしています。
1日のスケジュール
Schedule of the day
  • 出社。始業に向けての準備。
  • 社員全員で朝礼。当日の業務確認、連絡事項の伝達。
  • 業務開始。企業担当者や加入者からの問い合わせの中でも複雑なものに対応。部下に指示、報告を受ける。
  • 昼食。
  • 業務再開。営業担当者と打ち合わせ。部下の相談に応じて、一緒に問題解決を図る。
  • 退社。

ページトップへ