WORK&PRIVATE

仕事とプライベート

私のオン/オフ⑤

想像以上に変化がある事務の仕事
若手でも責任のある仕事を任されて成長できる

就職活動では、最初から事務職を考えていました。この会社には学内の掲示板で出会い、採用担当者や社員の方の話から、人の魅力を感じたので入社を希望しました。入社してからは大阪市場決済事務センターで外国為替に関する事務を行なっています。職場の雰囲気はあたたかく、人に関する印象は入社前から変わっていません。むしろ良い意味でギャップがあったのは仕事面でした。事務の仕事というのは、指示されたことを毎日繰り返して行うものだと思っていたのです。でも、この会社では日々業務に変化があり、自分で考え、提案して、より良いものに変えていくことが求められます。さらに、若手でも責任のある仕事を任されるので、とてもやりがいがあります。私自身は入社4年目で所属する大阪の部署が担保管理業務を新たに始めるにあたって、主要メンバーに選ばれました。目下、その業務の習得のために東京の市場決済部で研修を受けています。大阪に戻った時にどのように学んだことを伝え、実際に運営していくかを考えるのは、少し不安もありますが、自分が新規業務開始の一端を担い、部署の発展に貢献できることは、非常にワクワクする経験です。

仕事帰りは食事や習い事
週末や休暇は家族や愛犬とのんびり

この会社はオンとオフのメリハリがつけられるのも大きな魅力です。繁忙期には残業もありますが、それ以外は仕事が終わってから友人と食事をしたり、習い事に行ったりすることができます。週末は家でのんびりするのが好きです。長期の休暇には家族と旅行に行くこともあります。祖母と台湾旅行ができたのは特に良い思い出です。家では愛犬にべったり。しっかりリフレッシュできると心も体も元気になるので、仕事もまた頑張ろうという気持ちになります。

大阪支店事務部 大阪市場決済事務センター
2015年入社 ※所属は取材当時のものです。

ページトップへ