BUSINESSINTRODUCTION

仕事紹介

青山事務部

新たに受託した次世代商品
活気あるグループを率いるやりがい

青山事務部信託事務課 グループマネージャー

欧米文化学科卒 / 1996年4月入社

※役職、所属は取材当時のものです。

Q所属している部署の業務を
教えてください。
青山事務部は2014年に開設された部署で、信託商品、相続手続きの業務を行っています。その中で中心になるのは、お客様の資金を大切な人に引き継いでいく次世代商品に関する事務手続きです。営業店やお客様から送られてきた書類を受け入れ、内容を確認後、オペレーションを行ない、お客様のご依頼通りの手続きを進めます。繁忙期には事務量が非常に多くなるため、他部からの応援も得て、部全体、さらには社全体で乗り切ります。また、この部署には郵送・数量管理、相続、内容確認、オペレーション・検印、信託の5つのグループがありますが、どのグループの業務量が増加しても、全員が対応できるようにマルチ化を進めています。マルチ化に向けた研修も行なっています。
Qご自身のお仕事とやりがいについて教えてください。
私は内容確認グループに所属しており、グループマネージャーとしてグループをまとめています。内容確認グループの仕事は、お客様からお預かりした書類を一件一件確認することです。不備があれば営業店やお客様に連絡して、1日も早く手続きが進められるように手配します。異例対応が求められる場合には、営業店や他部署に確認しながら、柔軟かつ確実に対応しなければなりません。銀行業務の知識に加え、法律の知識も必要です。私はこの部の立ち上げから関わっていますが、三菱UFJ信託銀行にて新商品を開発し、当社が業務委託を拡大する度にグループ全体、さらには部全体の対応力が強化されてきたのを見ると、大きな手応えを感じます。現在は、Fintechに向けた取り組みとして、事務フロー構築に向けた企画立案を任され、関係会社とともにシステム対応等を行っています。
1日のスケジュール
Schedule of the day
  • 出社。始業に向けた準備。
  • 朝礼。
  • メール、通達、業務連絡などをチェック。
  • 時短勤務のメンバーを交えて朝礼。
  • 本日の業務予定の確認、内容確認業務の相談。
  • 昼食。
  • 内容確認業務の相談、検印。
  • 異例対応が求められる案件について、営業店や関連部署との間で内容確認。
  • サブリーダー会の報告(各チームの現状報告と今後のスケジュール確認)を受け、統括マネージャーに報告。
  • 内容確認業務の相談、検印。
  • 夕礼。翌日の予定確認。
  • 退社。

ページトップへ