SPECIAL

女性が活躍する職場

社員を育てる研修

TRAINING

全社員の能力向上を目指し、
きめ細かく研修を実施

Q研修制度の概要を教えてください。
特に何に力を入れていますか?
当社の研修は(1)集合研修等、(2)OJT研修、(3)自己啓発支援の3本立てです。(1)の集合研修等では、従来からあった階層別研修に加えて、最近は全階層を対象にした研修にも力を入れています。業界の環境変化を乗り切るためには、個々の社員のスキルアップが必要です。そこで、対応する研修として、顧客対応力向上のための電話応対研修、事務企画力をつけるためのパソコン研修、論理的に考えて説明する力を養うためのロジカルシンキング、金融の基礎知識を固めるeラーニングなどのプログラムを導入しました。また、若手社員のロールモデルとなる管理職を育成するため、管理職候補者を対象に、マネジメント能力向上プログラムも重点的に実施しています。さらに社外では、三菱UFJ信託銀行海外支店研修、三菱UFJ信託銀行営業店およびテレフォンセンター研修があり、これらはフロント業務を知る貴重な機会となっています。
Q他にはどのような研修がありますか?
自己啓発支援はありますか?
(2)のOJT研修としては、新入社員を対象にしたマンツーマン指導のほか、他グループの業務研修に参加することで、仕事の流れや関連性等を習得することができます。(3)の自己啓発支援は、通信講座の受講や外部の資格試験受験を支援するものです。特に奨励しているのは、銀行業務検定試験と証券外務員試験で、これらについては合格者には費用を全額補助しています。それに加え、宅地建物取引士やFPなど、より高度で専門的な資格試験についても支援しています。他には、三菱UFJ信託銀行が企画するビジネススキル強化研修もあります。プレゼンテーション、タイムマネジメント、ビジネス文書演習などを学ぶことができます。加えて、外部から様々な分野の専門家を招いて、業務時間後に開催する業後セミナーも、視野を広める機会として非常に好評です。
Q研修を実りあるものにするための取り組みを教えてください。
人事部では、研修の参加者が、学んだことを所属部署で共有し、全体のレベルアップにつなげることを期待しています。そのため、研修実施後には、各参加者にアクションプランの作成を求め、研修で得た知識やスキルを所属部署でどのように生かすかの計画を立て、その後の成果も報告してもらっています。当社ではこのように、研修そのものだけでなく、その後のフォローもきめ細かく行なっているので、参加者は研修を経て、自分自身の成長や周囲への影響力を実感することができます。人事部としても、環境変化の大きな金融業界で、ニーズを先取りし、スピード感を持って、変化の中でより一層求められる人材を育成しなければならないと考えています。学び続けたい人の思いには応える用意があります。ぜひ、成長する喜びを味わってください。

PICK UP

研修受講者の声

研修受講者より

業務企画部 業務企画グループ
2009年入社

ページトップへ