SPECIAL

女性が活躍する職場

キャリア

CAREER

全体の指揮をとる管理職は
やはり手応えがある仕事

Q統括マネージャーの役割は何ですか?
統括マネージャーの役割は、各チームのリーダーと協力して、メンバーの力を最大限に引き出し、チームとして成果を上げることです。一人ひとりの指導も行いますが、それよりは全体を見て、指揮をとることに重点が置かれます。人事評価も行います。人事評価は管理職になってから加わる職責の一つです。また、統括マネージャーは部署の顔として、対外的な交渉の最前線に立ちます。さらに、危機的な事態が発生した時には、チームを率いて乗り切るだけの力量が求められます。この点では、私も常々、さまざまな側面で人間力を鍛えることが必要だと自分を戒めています。現在、私自身は青山事務部信託事務課で内容確認グループの統括マネージャーを務め、26人のメンバーを率いています。
Q管理職のやりがいや喜びはどのようなところにありますか?
管理職としての最大のやりがいはやはり、部下やメンバーが成長すること、そしてチームの力が向上することです。そういったことが起こるのは、一人ひとりのメンバーが主体性を持って、積極的に行動している時です。ですから私は部下からの提案は必ず受けとめることにしています。「こうしたらどうでしょうか」「やってみましょう」というやりとりが大事です。それに加えて、他の部署や社外で人間関係を広げられることも、管理職になってから実感する喜びです。グループ内外の銀行や信託銀行と提携する業務に携わって、関連部署や営業店の部課長と緊密に力を合わせる場面も少なくありません。時には激しい議論を戦わせながら築いた信頼の絆は非常に強く、「あの時はありがとう」「これからもよろしく」と言い合える関係は、かけがえのない財産です。
Q管理職を目指すにあたってのアドバイスはありますか?
当社は2006年10月から管理職登用を開始し、その人数は確実に増えています。会社としても、管理職を担える人材の育成に力を注いでおり、その道は確実に開かれています。キャリアを築きたいと考えている人には良い環境でしょう。当社では、比較的若い頃から知識と経験に基づいて、能力を発揮する役職が与えられます。率先してマネジメント業務に取り組むことでリーダーとしての素養を身につけ、管理職を目指す気持ちが芽生えることも少なくありません。管理職を目指すにあたっては、常に自ら考え行動する気持ちが重要だと思います。
キャリア
CAREER
  • 入社。安定的に長く仕事がしたい、細かい作業や計算が得意、三菱UFJ信託銀行のグループ企業なので安心という理由から入社を志望。
  • 青山集中引落センター(現在は本店事務第1部に吸収)で、手形・小切手の決済業務を行う。
  • 同センターで証券出納業務を行う。株券や債券が電子化される前でまだ現物の株券を大量に扱う時代だった。持ち込まれる株券の精査を行ったこともある。
  • 池尻事務センター(現在は本店事務第1部に吸収)で、信託銀行業務の一つとして為替受信・代行発信事務や資産決済業務に携わる。コンビニエンスストアのATM用に資金決済を手配することや、営業店に現金を運ぶ手配業務なども行う。何億円超という金額を手配するので責任と緊張を感じる毎日だった。
    サブリーダー、グループリーダー、グループマネージャーを経て、2007年にシニアマネージャー、2009年には統括マネージャーに任命され、約20名の事務作業を統括。管理職登用が始まった時で、ほぼ同時に5名が統括マネージャーに抜擢された。
  • 人事部に勤務。学生の採用活動を経験、就活生とも触れ合う。
  • 青山事務部信託事務課に異動。内容確認グループの統括マネージャーを務め、現在は26名の部下を率いる。

PICK UP

部下の声

部下より

青山事務部 信託事務課
2007年入社

ページトップへ